爪はきれいになっただけだと

ネイルサロンでの施術は今では広く一般化しました。ジェルネイルの普及で、だれでもきれいなアートネイルを楽しめる時代になり、若い方から年配の方まで、エチケットとして一般的なケアになったといえるでしょう。でも、ジェルネイルやエナメルで綺麗にデコレーションされた爪も、ささくれやひび割れの指や荒れた手肌では美しさも半減です。爪が美しくてもキャンバスの背景である指や手の血行や、その肌状態が悪いと、爪に乗せた色も映えません。逆に言えば、健康な指先や手肌の美容をケアする事が、綺麗の差をつける秘訣なのです。ハンドケアはネイルの施術だけでなく、トータルで行う習慣をつけると、手先のアンチエイジングにもなり効果的です。手先の美容を保つことは、その人の第一印象を決めることにもなります。美しい手からは、きちんとした生活や部屋の様子まで伺うことができてしまうほど、その人の本質を語るキーポイントと言ってもの過言ではないでしょう。